魂がやばい

魂が やばくなるほど すばらしい

「可愛い犬の人」なだけではない、キュートさに隠された寺岡さんの透明と静謐

ハッピーでキュートな犬の絵で有名な寺岡さんの個展に行ってきました!

f:id:kosame333333333:20170121232645j:image

さて最高の犬の人こと寺岡さんですが、今回の個展、何かと注目されがちな「犬」以外の部分にこそ、寺岡さんの才能の真価が垣間見られると感じました。犬のみに注目している輩など、しょせんアマチュアです。

と、冗談はさておき、それってどういうことなのか、寺岡さんの魅力の秘密って何なのか、今回の個展でぼくが勝手に思った旨を、つらつらと綴らせていただきたいと思います!

 

個展は池袋駅から住宅街を縫うように進むこと10分弱、小さな本屋さんの中で開催されています。

f:id:kosame333333333:20170121232847j:image

f:id:kosame333333333:20170122113255j:image

 

展示を覗くと、もちろん犬、犬、犬。

 f:id:kosame333333333:20170122114916j:image

f:id:kosame333333333:20170122114933j:image犬、犬

f:id:kosame333333333:20170122114950j:image犬、犬、犬

 

ハッピーですね。

 

スペースに足を踏み入れると、優しそうな女性の方が、お客さんと談笑していらっしゃいました。

そうです、寺岡さんです。

寺岡さんは個展期間中はずっと在廊していらっしゃるようなので、いつでもご本人様にお会いできます。絵の雰囲気そのままの方なので、すぐわかると思います。

個展期間中ずっと在廊しているというのは、数時間おなじ場所で待機しているという訳ですから、実際けっこう大変なことだと思います。

でもそんな苦労はおくびにも出さず、来場されている方々へ丁寧にご挨拶なさっていました。

 

twitter.com

優しいですね。ハッピーです。

 

もちろん犬だけじゃありません。

人の絵もあります。見てください。

 

f:id:kosame333333333:20170122132722j:image

f:id:kosame333333333:20170122132740j:image

f:id:kosame333333333:20170122132751j:image

最高か??????

 

寺岡さんのわんちゃんってば、表情豊かな絵というよりは、むしろそこが抑えめなとこが素敵な絵だと思います。発色や線のタッチ、デザインの完成度によって、「語らず」とも寺岡さんらしさを遺憾なく発揮していて、だからこそ最高のアイコンとして機能していると思うんです。

でも人の絵は人の絵で、寺岡さんの描く色々なシチュエーションの色々な表情が楽しめて、すごく良いなって思いました。

 

犬でも人でもない絵もあります。

風景画です。

f:id:kosame333333333:20170122133029j:image街並み

溢れ出るハッピー!!!!!!

街を描いても、その人らしさみたいなのって溢れるんですね。今回の個展の感想をチラチラ追ってると、絵について「てらおかさんそのものでした」みたいなものをよく見かけるんですけど、本当にその通りだと思います。

風景なのに表情がある…。絵の中では個人的にはいちばんこの風景画が好きでした。

 

 

しかし今回の個展、ぼくがいちばん注目したのは、絵ではありません!

 

写真です。

 

 f:id:kosame333333333:20170122170039j:image

f:id:kosame333333333:20170122170015j:image

f:id:kosame333333333:20170124090407j:image

 

写真を写真に撮るとぜんぜん良さが出なくて最悪ですね。絶対に実物を観に行ってください。

絵だとキュートなイメージが強い寺岡さんですが、写真はどことなく凛とした、透明感と静謐さがあります。

それなのにどこか、絵と同じ人が撮ったのだろうなあという感じなのです。不思議です。

 

ここにぼくは、寺岡さんの作品の魅力の秘密が隠されていると思っています。

ファイルされたそれをパラパラめくっていくと、どこか現実離れしたような印象とは裏腹に、日常の中にありふれた風景ばかりなことに気付きました。

 

f:id:kosame333333333:20170124211357j:image森の奥へ続くホース

f:id:kosame333333333:20170124211406j:image花畑の中の御老人

 

寺岡さんは、目がとっても良いんだと思いました。

ありふれた風景の中からドキッとするものを見つけ出す「目の付け所」と、それをきちんとインプットできる「目の良さ」。物の魅力をきっちりと体内に取り込んでいるからこそ、アウトプットする時にもちゃんと対象そのものの魅力が薄れずに、絵や写真に飛び出している。そんな風に感じました。

もちろんそれだけではありません。アウトプットには、外へ出て行くものに相応しいだけの出口が必要です。出口というのは、手です。さらに言い換えれば、技術や技量みたいなものです。

キュートでポップな寺岡さんのイラストですが、それをあの強度でアウトプットするには、決して可愛らしい程度の制作量や練習量では足りないんじゃないのかなって、個人的には思います。

あの可愛さの裏には、静かな深淵があるのでは。そしてその部分が、寺岡さんの写真の持つ透明感や、凛とした静謐さに表れているのではないかなって、そう思いました。

 

可愛いだけじゃない、優しさと深さを併せ持ったイラストレーター・てらおかなつみさんの個展は1月29日まで開催中です。

なんか深そうな感じで締めてしまいましたが、シンプルに、寺岡さんの絵は最高です!なので、可愛い〜最高〜ハッピ〜〜〜的なノリで、気になっている方は、ぜひ足を運んでみてはどうでしょう!

 

f:id:kosame333333333:20170124213033j:image